【大家業】残置物戸建vs平屋トタン

空飛びダメリーマンです。
先日、残置物ありありの部屋を見に行ってから、地元の大家の方々にラインをして見てもらいました。
実は今狙ってい物件は2軒あります。
1軒目は先日ブログでもお話しした残置物の戸建です。

【閲覧注意】激安物件内覧した件 - すべてはお金のために

2軒目は平屋のトタン屋根の戸建です。しかもオーナーチェンジ。


昭和の香りがプンプンです。



ズバリ皆さんは同じ価格であれば何を基準に考えますか?

そうです。出口戦略です。ダメリーマンはボロボロまで使ってその後に売れそうな物件なのか?を考えて買うようにしています。

ダメ物件→再建築不可、連棟、再建築時にセットバックがありすぎて建物が狭小になる物件

平屋トタンの戸建はこのダメ物件に該当します。いくらオーナーチェンジであっても出口が無いとリスクが高すぎるからです。不動産屋さんも最終的にはコンテナを置いて倉庫にするくらいですかね。とかおっしゃっていましたし。


対して、1軒目は残置物があるとどうしてもマイナス要素になりがちですが、建て替えの時にセットバックもなく、周りに住宅もあるため、その後売ってもよしリフォームしても良し、建て替えても良しな物件な訳です。

という事で残置物物件に決めて、指し値で交渉しました。

なんと、物件価格が6/7まで下げることができました!パチパチ👏

日曜日に契約をして来ます!(融資特約をつけて)